• 特長
  • アプリケーション
  • 関連製品
  • more info

特長 STRONG POINT

多成分定量解析ソフトウェア Escrime™

簡単且つ効率的な多成分一斉定量解析を実現!
GC-MS専用 多成分定量解析ソフトウェア Escrime™

多成分定量解析ソフトウェアEscrime™は、GC-MS用の定量・定性解析ソフトウェアです。JMS-Q1500GC, JMS-TQ4000GCに標準搭載しているソフトウェアですが、他のGC-MSで測定したデータも解析可能です (本ページ下部、適用機種を参照ください )。
定量解析は、クロマトグラムのピーク面積計算、検量線の作成、定量値の算出を自動で行うことはもちろん、その後の面積計算範囲の個別設定、一括変更、定量イオンの変更も可能です。多検体・多成分でも簡単かつ効率的な解析ができます。
定性解析は、少ない操作でライブラリーサーチ結果まで得ることができます。また、定性解析した結果を定量条件にドラッグ&ドロップ操作でコピーして使用することが可能です。

定量解析

定量結果は一画面でまとめて確認!

定量解析は、定量結果 (定量値・クロマトグラム) を一画面でまとめて表示することができます。
定量値は各試料中の化合物ごとに一括表示でき、表計算ソフトウェア等へ簡単にコピー&ペーストが可能です。
また、クロマトグラムは複数検体の同一成分を一画面上に並べて表示できるため、実試料に目的成分が存在するか、ブランク中に目的成分が存在していないかを一目で確認できます。

定量解析 Escrime

クロマトグラムの面積編集は、複数検体の同一成分を一括編集することができます。
さらに、編集した面積計算範囲は瞬時に定量結果へ反映されるため、検量線の直線性や実試料の定量値をリアルタイムで確認できます。

定量解析 Escrime

定量結果の出力

定量解析結果のレポートフォーマットは、目的・用途に応じて自由にカスタマイズ可能です。測定成分・定量値・基準値・検量線・クロマトグラムなどで構成されたテンプレートも標準登録されています。
定量結果は、PDF形式やxml形式で出力することも可能です。

定量解析 Escrime

レポート出力例

定量条件作成はドラッグ&ドロップで簡単作成!

定量条件作成に必要な「測定データ」と「定性解析結果の化合物情報」は、それぞれファイルマネージャーと定性解析からドラッグ&ドロップで簡単に移行できます。
*ファイルマネージャーは、JMS-Q1500GC / JMS-TQ4000GCの装置制御ソフトウェアMSPRIMO™ の機能です。

定量解析 Escrime

定性解析

3Stepでライブラリーサーチ結果を表示!

定性解析は、スペクトル自動作成、ライブラリーサーチ、クロマトグラムピークリスト作成、抽出イオンクロマトグラム作成等を行うことが可能です。
定性解析で求められるライブラリーサーチ結果取得までは3Stepで完了します。

定量解析 Escrime

その他の機能

  • netCDF形式の測定データの解析
  • MSPRIMO™との連携 (SIM、SRM条件の自動作成、定量解析実施シーケンス機能)
  • 保持時間の補正機能 (測定データからの保持時間更新、n-アルカンによる保持時間予測)

特記事項

  • 本プログラムの一部にMicrosoft® Officeの機能を使用しています。制御用の日本語版PCにはMicrosoft® Officeを標準インストールしていますが、それ以外のPCを使用する場合は別途Microsoft® Officeを手配してください。
  • 本プログラムの一部にNIST Mass Spectral Libraryの機能を使用しています。JMS-Q1500GC / JMS-Q1050GC / JMS-TQ4000GCの制御PCにはNIST Mass Spectral Libraryを標準インストールしています。それ以外のPCで使用する場合は、別途NIST Mass Spectral Libraryを手配してください (Mass Spectral Library がインストールされていない場合)。
  • JMS-T2000GC / JMS-T200GC / JMS-T100GCVでは、装置PCとは別のPCに本プログラムをインストールしてお使い下さい。

脚注: Microsoft Office は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

関連製品 カタログ

仕様/オプション SPEC / OPTION

ギャラリー GALLERY

関連製品 RELATED PRODUCTS

インフォメーション MORE INFO

本製品・関連製品のキャンペーン

導入事例