JCA-BM6050 自動分析装置 BioMajesty™本ページは医療関係者を対象としています

  • 特長
  • 仕様
  • アプリケーション
  • 関連商品
  • more info

特長 STRONG POINT

JCA-BM6050 自動分析装置 BioMajesty™
希釈検体ユニットと超薄型セルの採用により、さらに超微量化測光を実現、最少反応液量 50µL での測光を可能としました。
処理能力 最大1,800テスト/H (電解質ユニット付※)

比色処理速度は最大1200テスト/H

スタンダードシングルマルチもいよいよ第 2 世代へ突入しました。希釈検体ユニットと超薄型セルの採用により、更に超微量化測光を実現、最少反応液量50µLでの測光を可能としました。

ハイスピードと反応液量微量化

1μL以下の微量な検体のサンプリングは、検体の粘性等により分注誤差が大きくなるため、十分な分注精度の確保は難しくなりますが、希釈を行い扱う検体量を増やすことでこの問題を解決しているのがBioMajesty™ JCA-BM6050です。
検体・試薬量の微量化は、装置の分注、洗浄、乾燥機構においても処理時間が十分にとれることにつながり、短いサイクルタイムで稼働する自動分析装置において、安定した動作に貢献しています。

BioMajesty™の検体前希釈

検体前希釈(1~75倍)の専用ユニット(希釈ターンテーブル)を使い、スピードを低減させることなく、標準で5倍希釈を行います。希釈液は標準の生理食塩水のほか、特殊希釈液(免疫項目などの専用希釈液)を使用することができます。

最小反応液量50μL

反応液量の微量化を進めるBioMajesty™シリーズがさらに生化学検査の微量化を進化させました。
反応セルのさらなる小型化を進め、光路長5mmの超小型薄型セルを採用。反応液量を大幅に削減するとともに、データ精度を向上させました。

仕様 SPEC

処理能力 最大1,800テスト/H (電解質ユニット付※)
 生化学 最大1,200テスト/H
 電解質※  最大600テスト/H
検体処理能力 最大1,200検体/H
同時分析項目 最大100項目(電解質分析時103項目)
検体 ターンテーブル方式
検体供給部 84 検体、検体 ID バーコード
保冷部 (専用希釈液、キャリブレータ、コントロール):61 種
外部搬送ライン対応 ※
元検体分注量 2~30µL (0.1µL ステップ)
希釈機能 希釈率:1~75×75倍、希釈ポート:専用希釈セル
分析試料量(希釈後) 1~25μL(0.1μL ステップ)
試薬 ターンテーブル方式、試薬バーコード
試薬容器 20mL, 40mL : 全試薬保冷
試薬量/項目 各試薬5~70µL (0.1µLステップ)
反応ディスク ターンテーブル方式
反応液量 50~120µL
攪拌 回転攪拌方式
測定 全反応過程測定
測定ポイント 最大 98 ポイント (6 秒毎:10 分反応時)
測定波長 340~884nm(14波長)、1波長または2波長演算
寸法(cm) 分析部:1,480(W)×924(D)×1,133(H)mm
操作部:600(W)×610(D)×1,104(H)mm
質量 約600kg
消費電力 最大 3 kVA
 

オプション

  • 電解質ユニット
  • 3 試薬プログラム
  • 検体ラックハンドラ(100検体架設 / CA-RA101,200検体架設 / CA-RA200,600検体架設 / CA-RA600)
  • BM搬送接続
  • 純水製造装置
 

第3種医療機器製造販売業許可番号 13B3X00100

医療機器製造販売届出番号 13B3X00100000001

ギャラリー GALLERY

関連商品 RELATED PRODUCTS

インフォメーション MORE INFO

本製品・関連製品のキャンペーン

導入事例