• 特長
  • アプリケーション
  • 関連製品
  • more info

特長 STRONG POINT

JMS-Q1500GC ガスクロマトグラフ質量分析計
高感度スキャンによる定性分析から、使い易いSIM定量分析までをカバーした本格派ガスクロマトグラフ質量分析計です。新機能“PEAK DEPENDENT SIM”は、使い易さを追求した条件の自動設定機能です。分析条件の設定時の作業効率を上げるだけでなく、余分な設定値や取り込み条件による作業時間の無駄や感度ロスを低減します。

高い感度と安定性を持つガスクロマトグラフ質量分析計

新しく開発した技術により、スキャンスピードは四重極型質量分析計で最も速い22,222u/secとなり、高感度スキャン測定とSIM測定が可能となりました。100fgのオクタフルオロナフタレン(OFN)の連続測定の結果において、下記の通りに6.3fgと優れた検出限界(IDL)が得られています。

インジェクション回数 RT.(min) Area 相対標準偏差 IDL
1 5.57 3065
2 5.57 2902
3 5.57 2981
4 5.57 2955
5 5.57 3028
6 5.57 3024
7 5.57 2987
8 5.57 3053 1.8% 6.3fg

オクタフルオロナフタレン(OFN)100fgをSIMで連続8回測定した際のEIC(m/z 272)

新機能 “PEAK DEPENDENT SIM”

今まで煩わしかったグルーピング設定を行う必要はありません。 新機能 “PEAK DEPENDENT SIM” は最適なグルーピングを自動で設定しますので、誰でも簡単に最適化した SIM 条件で測定を行うことができます。 SIM 測定における1グループあたりの最大チャンネル数は100チャンネル、最大グループ数は300グループです。また、1チャンネルあたりの取り込み時間は 0.1msec 以上で任意に設定可能*です。 (*選択したSIM設定モードによります。)

PEAK DEPENDENT SIM 条件と一般的なSIM条件での感度比較

PEAK DEPENDENT SIMを用いる事で、SIMに比べ感度が2.4~5.5倍向上しました(農薬3成分で比較した場合)。

好評なメンテナンス操作の向上

装置メンテナンス時間の短縮

以前よりご定評いただいているシンプルな構造のイオン源にさらなる改良を加え、デュアルフィラメントを搭載しながらも、イオン源チャンバーの着脱には一切の工具は必要ありません。多検体の分析で最も汚れるイオン化室が短時間で洗浄可能です。また、シンプルな構造のため、イオン源の再組み立てを間違える心配はありません。

GC/MS総合解析ソフトウェア“Escrime™(エクスクリム)”

ソフトウェアEscrimeは、GC/MSデータのデータ解析をより簡単に、より効率よく行うことを目指した総合解析ソフトウェアです。ブラッシュアップした操作環境を提供します。

定性解析ソフトウェアを一新し、ひとつのウインドウに定性解析に必要な情報を集約しました。
すべてのピーク情報はピークリストで管理され、スペクトル解析、ライブラリ検索、クロマトグラム作成などを効率よく行うことができます。

定量条件作成のために、msPrimoソフトウェアと定性解析ソフトウェアとの連携を改善し、従来に比べて操作性を向上させました。
多試料、多成分の定量解析に必須のソフトウェアです。
定量解析結果の報告書フォーマットは、目的に応じて編集、作成可能です。

幅広くなったソリューションシステム

ヘッドスペース オートサンプラ(HS) GC/MSシステム

ヘッドスペースサンプラは、固体、液体内に存在する揮発性有機化合物(VOC)の分析を行うために用いられる前処理装置です。 日本電子が開発したヘッドスペースオートサンプラ は、ループモードとトラップモードの二つのモードを標準装備したユニークな HS システムです。従来のループモードでは困難であった水中のかび臭原因物質測定においても1pptまで検出可能です。
さらに、食品、材料などに含まれる揮発性成分の測定にも適用できます。
S-trap HS

S-Trapによるカビ臭気物質の測定
従来のHSでは測定が難したっか水中のカビ臭気物質の測定も、S-Trapを用いれば基準値の1/10である1pptでも十分な感度を得ることが可能です。

スニッフィングGC/MS システム(におい分析)

スニッフィング GC/MS システムでは、キャピラリーカラムの出口を2系統に分割し、片方をMSに接続し、もう片方を「官能試験用」専用ポートに接続することにより、通常のGC/MS測定を行いながら同時に「官能試験」による測定を行うことが可能となります。官能試験測定者は、キャピラリーカラムからの溶出成分の“におい”を「官能試験用」専用ポートを通じて実際に嗅ぎ、専用ソフトウエア“AROMAVOICE”及びサムレベルスイッチを用いて、溶出成分に関する“におい”の情報をリアルタイムに記録できます。これらの“におい”情報は“AROMAVOICE”に搭載された音声入力機能、もしくはスニッフィング入力アシスタント機能を用いてその強度とともにリスト化され、GC/MSの測定結果とともに保存されます。

Purge&Trap GC/MSシステム

パージ&トラップ(Purge & Trap)GC/MS システムは、パージ&トラップ濃縮装置とGC/MSを組み合わせたシステムです。水中のかび臭原因物質を初めとする水中の揮発性有機化合物分析に威力を発揮します。
写真はTekmer社製パージ&トラップ濃縮装置Stratum PTC 及びAQUATek100 オートサンプラーを組み合わせたシステム構成です。

Purege&Trap GC/MS システム

Pyrolyzer GC/MS システム

パイロライザ GC/MS システムは、熱分解装置とGC/MS を組み合わせたシステムです。熱分解装置による熱抽出、あるいは熱分解によって生成する有機化合物分析に威力を発揮します。
写真はフロンティア・ラボ社製マルチショットパイロライザー(EGA/PY-3030D) とオートショット・サンプラー(AS-1020E)と組み合わせたシステム構成です。

熱分解 GC/MS システム

多機能オートサンプラー GC/MSシステム

PAL システムは1 台で液体注入、ヘッドスペース(HS)、固相マイクロ抽出(SPME)、固相抽出(SPE)の自動化や液体試料の分注、希釈などが可能な多機能オートサンプラーです。GC/MS と組み合わせることで、連続的に前処理を行いながらGC/MS 測定を行うことができます。写真はCTC 社製多機能オートサンプラー(PAL RTC)と組み合わせたシステム構成です。

多機能オートサンプラー GC/MSシステム

直接導入プローブ

DIP/DEP

JMS-Q1500GCでは2種類の直接導入プローブをご用意しております。
試料の形態や物性、あるいは分析目的に応じてプローブを選択頂くことが可能です。

直接導入プローブ/C(DIP)
(Direct Insertion Probe:DIP)
固定あるいは液体試料を先端のガラス細管に入れます。
プローブ先端に搭載されたヒーターを加熱することにより、気化した成分がイオン源に導入され測定を行います。

直接導入プローブ/F(DEP)
(Direct Exposure Probe:DEP)
液体、溶液試料試料をプローブ先端の白金フィラメントに塗布します。
フィラメントに電流をかけることにより、試料が急速に加熱され、気化した成分がイオン源に導入され測定を行います。
直接導入プローブ使用時のJMS-Q1500GC
直接導入プローブ使用時のJMS-Q1500GC

エコ情報

ランニングコストの抑制

電力消費量を従来機からさらに10%下げました
ランニングコストの抑制(従来機より10%減)

仕様 SPEC

ギャラリー GALLERY

関連製品 RELATED PRODUCTS

インフォメーション MORE INFO

本製品・関連製品のキャンペーン

導入事例