GC-MS: JMS-T200GC AccuTOF™ GCx-plus 高性能ガスクロマトグラフ飛行時間質量分析計
⾼分解能・⾼質量精度・⾼感度・⾼速データ取得を同時に実現した、新時代の⾶⾏時間型質量分析計

  • 特長
  • アプリケーション
  • 関連製品
  • more info

特長 STRONG POINT

GC-MS: JMS-T200GC AccuTOF™ GCx-plus 高性能ガスクロマトグラフ飛行時間質量分析計

新世代の自動解析システムにより
分析結果をハイスループットに提供

第5世代のガスクロマトグラフ飛行時間質量分析計
JMS-T200GC AccuTOF™GCx-plusは高分解能・高質量精度・高感度・高速データ取得・広い質量範囲を同時に実現した、新世代のハイエンドGC-MSシステムです。
新開発の自動解析システムは、ハイスループットで高精度な定性分析ソリューションを提供します。

自動定性解析を実現する3つのTechnology

誰でも簡単に高精度な定性解析結果を取得するための新機能を搭載しました。

Technology 1: GC/EIとソフトイオン化データの統合解析

新世代の自動定性解析ソフトウェアmsFineAnalysisは、GC/EIデータとソフトイオン化法 (CI, FI, PI) データを組み合わせた5つの定性解析を自動で行います。

  • ライブラリー検索
  • 分子イオンの探索
  • 精密質量解析
  • 同位体パターン解析
  • EIフラグメントイオン解析

従来のライブラリ検索だけの解析よりも高精度なGC-MS定性解析結果を提供します。データ解析における作業時間の短縮と、高精度な分析結果をお約束します。

GC/EI、GC/FIデータのリンク
GC/EI、GC/FIデータのリンク
統合解析結果
統合解析結果

Technology 2: リザーバー自動ON/OFF機能

バルブの開閉をソフトウェアから制御することが可能になりました。
質量較正(ドリフト補正)のための内部標準試料導入のタイミングを自由に設定することが可能です。


リザーバー自動ON/OFF機能

Technology 3: ドリフト補正マルチプル

ドリフト補正マルチプルによる多点補正により、高い質量精度が得られます。ドリフト補正マルチプルはリザーバー自動ON/OFF機能との連動が可能です。
測定前に予めドリフト補正に使用するイオンのm/zと内部標準試料導入タイミングを設定しておけば、測定後ドリフト補正が自動で実施されます。
測定データはドリフト補正済みとなるため、直ちに自動定性解析ソフトウェアmsFineAnalysisによる解析が可能です。

定性解析を支援する多彩なソフトイオン化とダイレクト分析

AccuTOF™ GCx-plus はEI法だけでなく多彩なソフトイオン化法が可能です。
多彩なソフトイオン化法は、msFineAnalysisを用いた統合解析でも活躍します。
2つの共用イオン源はEI法とソフトイオン化法の切り替えが真空を落とすことなく可能です。

またAccuTOF™ GCx-plus はDEP、DIP、FDといったダイレクト法での測定も可能です。GCによる導入が困難な揮発性の低い成分、高沸点成分などを、直接質量分析することが可能です。

GC-MS用 電子イオン化(EI)、化学イオン化(CI)、光イオン化(PI)、電界イオン化(FI)
ダイレクトMS用 脱離電子イオン化(DEI)、脱離化学イオン化(DCI)、電界脱離イオン化(FD)

EI/FI/FD共用イオン源

EI/PI共用イオン源 PIフランジ取り付け時

高速データ取得によりGCxGCにも対応

最高50スペクトル/秒のデータ取得速度を有しており、超高分離データが得られるGCxGC測定にも対応しています。勿論ソフトイオン化法でもGCxGC測定が可能です。
今まで成分分離を諦めていた複雑な混合サンプルの測定に最適です。


多種多様な前処理装置とのコラボレーション

AccuTOF™ GCx-plusは、JMS-Q1500GC(GC-QMS)と同様に様々な前処理装置と組み合わせた測定が可能です。
ヘッドスペース法、SPME法、熱分解法、熱重量分析法、などと組み合わせることで、アプリケーションの範囲が拡大します。

高い基本性能

高感度

微量成分の定性、定量分析が可能です。

オクタフルオロナフタレン(OFN) 100 fgをEI法で連続8回測定した際のEIC (m/z 271.9867) ピーク面積の繰返し精度をもとに、一定の信頼度を仮定して統計的に算出した装置検出下限 (IDL) は16 fgでした。
CV: 相対標準偏差 IDL: 装置検出下限

OFNデータのEICC重ね書きと再現性
OFNデータのEICC重ね書きと再現性

高質量精度

検出したイオンの精密質量解析から、イオンの化学式を得ることが可能です。

濃度差のある測定試料の質量精度
濃度差のある測定試料の質量精度
長時間における安定性
長時間における安定性

高分解能

数十ミリDaの近接マスピークを分離して検出することが可能です。

整数質量が同じ28Daのイオン4種を、高分解能により分離して検出しています。
分解能の低い装置では、これらのイオンは分離することができず1本のマスピークとして観測されるため、各イオンの組成と強度を正しく得ることができません。
AccuTOF™ GCx-plusでは数十ミリDaの近接マスピークを分離して検出することができるため、正しい定性・定量分析が可能です。

ナイロン66の発生ガス分析
ナイロン66の発生ガス分析

高速データ取得

最高50スペクトル/秒のデータ取得速度で、GCxGC測定やFastGC測定に対応しています。

Tee tree oilのGCxGC/EI, FIデータ
Tee tree oilのGCxGC/EI, FIデータ
リン系農薬57成分のFastGCデータ(下段)
リン系農薬57成分のFastGCデータ(下段)

広い質量範囲

AccuTOF™ GCx-plus は広い測定質量範囲を有しており、またGC を介さない種々のダイレクト法を備えているため、GCでは導入できない分子量の大きな試料の測定が可能です。

ポリスチレン5200のFDマススペクトル
ポリスチレン5200のFDマススペクトル

ダイナミックレンジ

最大4桁のダイナミックレンジを有しています。 GC-MSとして定量分析にも充分対応可能です。

OFN 0.1~1000pgの検量線
OFN 0.1~1000pgの検量線

分析をサポートするオプションソフトウェア

※1: GC Image社製、※2: Sierra Analytics社製、※3: SpectralWorks社製

カタログ

※装置外観写真にはオプションを含む場合がございます。

仕様/オプション SPEC / OPTION

ギャラリー GALLERY

関連製品 RELATED PRODUCTS

インフォメーション MORE INFO

本製品・関連製品のキャンペーン

導入事例