• 特長
  • 仕様
  • アプリケーション
  • 関連製品
  • more info

特長 STRONG POINT

LVI-S200 GC用大量注入口装置
独自のインサートにより、大量注入が容易にできます。

新インサート、大量注入装置の開発

  • 独自のインサートにより、大量注入が容易にできます。
  • 大幅な感度向上により、低濃度試料の高感度分析が可能です。
  • 試料の少量化や濃縮操作の省略による前処理の迅速化ができます。
  • 試料を液体状態でライナー内に保持することができるため、条件設定が容易です。
  • インサート内の試料を低い温度でカラムへ導入できるため、熱に弱い物質にも対応します。

胃袋インサートにより大量注入が容易に!!

新型インサートの開発により、従来の問題点を解消します。
  • 1st stage
    インサート内で試料溶媒が突沸を起こさないように注入口温度を溶媒沸点より低めに設定した状態で試料を注入し、液体状態でライナー内に保持独自のインサートにより、大量注入が容易にできます。
  • 2nd stage
    スプリットモードで揮発してくる溶媒蒸気を排出し、ライナー中で試料を濃縮
  • 3rd stage
    スプリットレスモードで、注入口温度を上げ、目的物質を分離カラムに導入し、分析
  • 4th stage
    スプリットモードにし、ライナーに残存している夾雑物を排除

仕様 SPEC

LVI-S200仕様
注入方法 スプリット、 スプリットレス、 コールドスプリット、
コールドスプリットレス、 オンカラム、 大量注入、 誘導体化注入 
加熱方法 ホットエアー式
温度制御範囲 40℃~300℃ (室温25℃、カラムオーブン50℃時)
最大昇温速度 150℃/min
冷却速度 300℃→50℃/3min
コントロール コントロールボックス
(ソフトウエアによりパーソナルコンピュータからの操作が可能)
表示パネル 128x64ドット、液晶タッチパネルディスプレイ
搭載可能GC Agilent HP 6890シリーズ、7890シリーズ、
島津GC-17A、GC2010シリーズ、Thermo Trace GC Ultra
電源 100v 50/60Hz
消費電力 120VA
サイズ 130(W)x295(D)x180(H) (コントロールボックス)
130(W)x160(D)x110(H) (ポンプユニット)
重量 3.3Kg コントローラーボックス
1.5Kg ポンプユニット
製品の仕様・外観・仕様・構成等は改善のため予告なしに変更する場合があります。

ソフトウエア仕様
対応OS Microsoft® Windows®2000日本語版
Microsoft® Windows®XP 日本語版 ServicePack1又はServicePack2
動作環境
(必要システム)
インテル Pertium200MHz以上のプロセッサを搭載したIBM PC/A互換機
200MB以上の空き容量のあるハードディスク
1024x768以上の画面解像度及び256色以上のカラー表示をサポートするディスプレイ
RS232Cポート
CD-ROMドライブ

脚注:Microsoft、Windows は、米国 Microsoft Corporation の、米国およびその他の国における登録商標または商標です。

ギャラリー GALLERY

関連製品 RELATED PRODUCTS

インフォメーション MORE INFO

本製品・関連製品のキャンペーン

導入事例