1. 調達資材への要求事項

日本電子グループに購買品、原材料、部品、ユニット、副資材、包装材および設備を納品される取引先様各位には、当該資材に使用禁止/制限化学物質が含まれ ていないこと(閾値以下)を要求します。又、そのことを証明する非含有保証書の提出と可能な場合は含有化学物質調査票(JGPSSI)等の提出を要求します。

調達資材に使用禁止/制限化学物質が含有されている(閾値以上)場合は代替提案の提出をお願いします。

2. 調査方法

取引先様各位には、日本電子グループ調達部署の担当からの調査要請に基づき調達資材の含有化学物質について回答をお願いします。回答に当たっては日本電子ホームページから必要な書類・資料をダウンロードして使用していただきます。

含有化学物質調査のイメージは下記の通りです。

化学物質調査運用イメージ

3. 日本電子グループ使用禁止物質

No 含有禁止・制限されている材料/化学物質群 含有/閾値
1 アスベスト類 禁止
2 アゾ染料・顔料 禁止
*3 カドミウム/カドミウム化合物 100ppm
*4 六価クロム/六価クロム化合物 1000ppm
*5 鉛/鉛化合物 1000ppm
*6 水銀/水銀化合物 1000ppm
7 オゾン層破壊物質 禁止
*8 ポリ臭化ビフェニール類(PBB類) 1000ppm
*9 ポリ臭化ジフェニルエーテル類(PBDE類) 1000ppm
10 ポリ塩化ビフェニル類(PCB類) 禁止
11 ポリ塩化ナフタレン(塩素原子が3以上) 禁止
12 放射性物質 禁止
13 短鎖塩化パラフィン 禁止
14 トリブチルスズ(TBT)、トリフェニルスズ(TPT) 禁止
15 トリブチルスズ=オキシド(TBTO) 禁止

注:*印RoHS規制物質は除外規定あり。詳細は公的機関の公式ホームページにて確認

4. 提出書類

日本電子グループに提出していただく書類は非含有保証書を基本とし、可能な場合は以下のいずれかの提出をお願いします。

  • 非含有保証書
    RoHS規制対象6物質の含有についての調査/回答用
    別紙1:指定化学物質に関する回答書兼非含有保証書に対象P/N・規格・品名及びRoHS判定(適合/非適合、除外項目)を記入後提出願います。
  • 含有化学物質回答ツール(JGPSSI)
    1)含有化学物質調査票の提出
    ジョイント・インダストリー・ガイドライン(JIG):電気・電子機器製品に関する含有化学物質情報開示に則り、JGPSSIのVer3を使用して調査票の提出をお願いします。
    回答の作成には日本電子ホームページから『化学物質調査回答ツール』(別冊1)を使用し、『化学物質調査回答ツール記入要領』(別冊3)を参照して必要事項をご記入の上、ご提出ください。
    2)調査対象の含有化学物質
    調達資材に含有する化学物質に関する情報を、24物質群(使用禁止・制限化学物質/レベルA:15物質群、管理対象化学物質/レベルB:9物質群)を対象としてご回答いただきます。
    詳細は、付表のJIG別表を参照願います。
  • その他のエビデンス
    非含有保証書やJGPSSIによる含有化学物質情報の提供が困難な場合、各種工業会で標準化した化学物質情報書式に準じた他の書式によるデータの提出をお願いいたします。
    例:測定データ、特定の化学物質情報シート、MSDS-PLUS、他社書式成分表、化学物質について記載したカタログ・仕様書など
  • 代替・新規部品および工程に関する変更提案書の提出
    代替品・工程の変更提案がある場合、『代替・新規部品および工程に関する変更提案書』(別紙2)に必要事項をご記入・ご捺印の上ご提出ください。

5. 提出書類・データの扱い

  • 取引先様より提出していただきました含有化学物質の情報は、日本電子にてデータベースに登録・管理し、必要に応じて集計、まとめを行ないます。
  • 公表されている情報以外は取引先様の承認を得ないで外部に公開することはありません。
  • 但し、製品への含有化学物質の種類や量のデータ情報は日本電子グループにて管理し、要求に応じて外部に提出する場合もあります。