X線マイクロCT装置 μCT50

高分解能 μCTによる3D受託分析開始!

  • 最高分解能 0.5 μm
  • 8K × 8K で高精細な3D解析
  • 2 μm以下の微細構造を目で確認可能
  • 多検体連続測定対応

X線マイクロCT装置

μCT50

  • X線出力: 20 ~ 100kV (45 ~ 90kV: 受託/デモ環境の設定値)
  • 分解能(Pixel,Voxel): 0.5 ~ 100 μm
  • 画像解像度: 512×512 ~ 8192×8192
  • 最大測定領域: 50mmΦ×120mm(高さ)
  • 最大搭載試料サイズ: 100mmΦ×160mm(高さ)
※ SCANCO MEDICAL製
X線マイクロCT装置

日本電子のご提案


TEM や SEM、FIB による局所的な詳細観察に、μCT による広範囲な構造の把握、材料の質の解析を加えることで、詳細観察において、情報量の UP や前処理工程の削減に繋がります。

μCT材料評価

Application Data

牛乳パック内接触状態 3D解析

牛乳パック内接触状態 3D解析

カプセル内薬剤粒子の3D構造及び粒径分布解析

カプセル内薬剤粒子の3D構造及び粒径分布解析

口紅内部ラメ材の幅分布 3D解析(30μm 以上を赤で表示)

口紅内部ラメ材の幅分布 3D解析(30μm 以上を赤で表示)

アルミニウム応力シミュレーション(有限要素解析)

アルミニウム応力シミュレーション(有限要素解析)

リチウムイオンバッテリー 正極材シート

(15μm以上の活物質粒子を赤で表示)

リチウムイオンバッテリー 正極材シート

ICチップ結線状態の3D観察

ICチップ結線状態の3D観察

多孔質材料応力シミュレーション

例) アルミニウム圧縮シミュレーション (高負荷部分を赤で表示)

多孔質材料応力シミュレーション

グラスファイバー・凝集繊維の自動抽出

グラスファイバー・凝集繊維の自動抽出
グラスファイバー・凝集繊維の自動抽出

左) 設定範囲の凝集繊維を自動抽出
右) 凝集繊維の3D構築 (全体中の凝集繊維体積比率の算出が可能)

カタログ

お問い合わせ

SI営業本部 ソリューション推進室

042-595-6886
042-595-9227